So-net無料ブログ作成
韓国サムスン電子 ブログトップ

新型スマホギャラクシーと連動!韓国サムスン電子製腕時計の評価は? [韓国サムスン電子]

目次

新型スマホのギャラクシーと連動!韓国サムスン電子製、腕時計の評価は?
関連記事

ここ数年のスマートフォン爆発的な世界的ヒットにより世界に通用する企業となり
韓国の経済を回してるといっても過言ではないサムスン電子。
がしかし、ここの所株価の雲行きがよろしくない。

ちまたでは、サムスンショックの影響だといわれている。ちなみにサムスンショックとは主力商品であるスマホのシェアが急落するといったもの。暴落を招いたのはほかでもない、スマホでしか戦うことができないという点である。
営業利益のうち74パーセントをスマートフォンの売り上げで占めていることだ。裏を返せばスマホ以外に強みがないことであり、スマホが売れなくなったら跡がない。投資家は現状からみて近いうちにこうなることが予測されるという点だけで投資をしているのである。すこしでも危険を想定できそうであればみんなが手を引くだろう、そして投資家の不信感がどんどんん波及して言った結果が株価の暴落である。GALAXYブランドで世界的シェアを伸ばしてきたが、アップルと小米科技とのシェア争いが激化しているのも事実である。今はまだ良いがスマホが浸透しきったとき何を持って戦うのか、スマホでない次の武器を手にする必要がサムスンに残された道。そんな時携帯スマホに代わる新たな商品が登場した
ウェアラブル端末市場にリリースした新型の時計スマートウォッチGalaxy Gear。

2013年9月25日よりグローバル販売開始、価格299ドル(約3万円) 日本では10月17日より36,540円で販売された。新たな道を切り開くかと思いきや、これが思ったような評価をえられなかった。端末の動作が重たく、対応している機種が少ない上にAndroid 4.3以上搭載のサムスン製デバイスとしか連携しないなど互換性が少なく売り上げはいまいちのようだ。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

韓国のサムスン電子 株価暴落!!急落の理由とその後の推移は? [韓国サムスン電子]

目次

韓国のサムスン電子 株価暴落!!急落の理由とその後の推移は?
関連記事

さてさて、サムスン株価暴落で騒ぎが巻き起こっている。
韓国の一大企業サムスン電子は、韓国経済を支えているといっても過言ではない。
そんな大企業のサムスン電子にいったい何があったのだろう。

まずサムスンショックとは、営業利益のほとんどをスマートフォンに頼っているなか、スマホ産業の戦いが激化し販売台数が減っているこの危機のことをサムスンショックと呼んでいる。営業利益のうち74パーセントをスマートフォンの売り上げで占めていることだ。裏を返せばスマホ以外に強みがないことであり、スマホが売れなくなったら跡がないことである。スマホ以外の新たな製品の開発が必要で優秀な人材を確保しなくてはならないが、社風によってせっかく確保してきた優秀な人材が会社を離れていってしまっていうという現状だ。暴落を招いたのはほかでもない、スマホでしか戦うことができないという点である。現在スマホの普及率は80パーセントを超えて飽和状態にあり、アメリカのAppleや中国の小米科技とのシェア争いが激化してきたという事実がある。
こちらの画像はサムスン電子の株価の変動である。3年分を振り返ることができる。

samusunn.JPG

サムスンの株式が暴落したのは、スマホ産業でしか戦える点がないこつまりスマホをサムスンからとると何も残らないというわけである。投資家は現状からみて近いうちにこうなることが予測されるという点だけで投資をしているのである。すこしでも危険を想定できそうであればみんなが手を引くだろう、そしてどんどんん波及していくのだ。
今はまよいがスマホが浸透しきったとき何を持って戦うのか、スマホでない次の武器を手にする必要がサムスンに残された道のようだ。
新しい武器を出さない限り暴落は止まらないだろう。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

2014年韓国経済崩壊?サムスンショックとは何か?その実態に迫る [韓国サムスン電子]

目次

2014年韓国経済崩壊!?サムスンショックとは何か?韓国経済の実態に迫る!
関連記事

ものすごい速さで世界に誇る有名企業の道を駆け抜け韓国のGDPを支える韓国サムスン電子。

しかしここの所サムスンショックがさらに激しくなるのではとの懸念がされている。


サムスンは2010年10月に発売した新シリーズAndroid端末の
スマートフォンGALAXYブランドで世界的シェアを伸ばしてきた。

既に存在しているパーツを組み合わせて部品の可能性を最大限に生かすことに
スマートフォンで成功し世界のスマホ市場で首位を走っているサムスン。

営業利益のうち74パーセントをスマートフォンの売り上げで占めている。

しかし、スマホ普及率は80%に近づき飽和状態であり主力製品であるスマートフォンの
成長が続くとは思えない。


営業利益のほとんどをスマートフォンに頼っているなか、
スマホ産業の戦いが激化し販売台数が減っているこの危機のことをサムスンショックと呼ばれている。


さらに追い打ちをかけたのが、最大の市場である中国マーケットで勝つことができなかったことだ。

現在中国では「小米科技」というメーカーがスマホ市場を爆走中
地の利もあってサムスンが保有していたシェアの侵食に成功したのだ。

またハイスペック市場ではアップルが大半の利益を勝ち取っている。



韓国最大の大企業で社員数は19万人を抱えている財閥である。

韓国の経済はサムスン電子が支えているといっても過言ではない。

そのためこの長大企業が倒れられると、韓国経済が成り立たなくなる恐れがあるのだ。

そしてこの肝心な時にリーダーである会長も体調不良で入院している。

2014年の今年がサムスンの踏ん張りどころである。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の行きつく先は? [韓国サムスン電子]

目次

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の行きつく先は?
関連記事

ここ数年のスマートフォン爆発的な世界的ヒットにより世界に通用する企業となり
韓国の経済を回してるといっても過言ではないサムスン電子。


既に存在しているパーツを組み合わせて部品の可能性を最大限に生かすことに
スマートフォンで成功し、世界のスマホ市場で首位を走っているサムスン。

実に営業利益のうち74パーセントをスマートフォンの売り上げで占めるほどに成功を収めることができた。

しかし先進国のスマホ普及率は80%に近づき飽和状態であり、
このままスマートフォン産業の成長が続くとは考えにくい。

新興国で新たなビジネスで成功を収めた世代たちは、ブランド物を持ちたい傾向にあると思われる。

そのため、圧倒的なスマホでのブランドを築き上げてるAppleが有利である。

このことから今はいいが先がどうなるかわからないという点で四顧し陰りが見えてきているのだ。

また、サムスンに採用された外国人技術者の離職が相次いでいることもさらに影響を及ぼすだろう。

韓国に浸透している儒教の考えは厳しい上下関係である。

上下関係は日本にも存在するがそれ以上に厳しい関係が存在しているのだ。

トップの決めたことに完全服従するしかなく、トラブルに臨機応変に対応できない。

判断を任せたとしても、結果的に不利益になれば会社を去らざる終えない。

そのため部下はトップの指示を待つしかない。

雇用の面ではグローバルであるが、国ごとのローカルな考えの部分はなかなか修正できないもので、
その点から技術を持った外国人たちが韓国を離れている状況にあるようだ。

スマホの次の主力製品を開発するには、優秀な人材を確保が必要不可欠。

このまま人材の流出を防げなければサムスン電子は崩壊の道をたどるばかりである。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の背景とは? [韓国サムスン電子]

目次

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の背景とは?
関連記事

韓国の国政を支える一大企業、サムスン電子。

ここ数年のスマートフォン爆発的な世界的ヒットにより世界に通用する企業となり
韓国の経済を回してるといっても過言ではない。


2010年10月にサムスン電子が発売した新シリーズAndroid端末のスマートフォンGALAXY、
この商品の発売によってサムスンは大きく成長した。

発売以降このGALAXYブランドで世界的シェアを伸ばしてきた、
今年の10月には新たなシリーズを発売し大きな評価を受けている。

GALAXYシリーズの成功は低価格で販売できるスマートフォンを開発し新興国に向けて販売した。


最近ではスマートフォンだけではなく、
薄型テレビ分野でも韓国メーカーが勢いを伸ばしてきており
家電産業をお家芸としてきた日本企業も韓国市場から撤退した。


技術力では圧倒的に日本企業の方が発展しているが、 なぜ市場ではサムスン電子が買っているのかを考えてみた。


まず、後発効果という経済用語がある。

後発効果とは先進国が試行錯誤を重ね知恵を縛ってようやく手にした成果の結果だけを見て、
効率的に低価格に生産し追いつくことを目指すことだ。

新しいものが出たらばらばらにして真似するのである。

そして、とある機能をもった部品を調達さえできれば組み立てて完成といったように製品が作れてしまう。

開発コストをかけない分価格を抑えることができる。

そのため韓国で日本の製品は売れず、日本製品のコピーである低価格のものがうれてしまい、
日本企業は韓国市場から撤退せざる終えなくなったのである。

また日本の高い技術をもつ技術者を高値で日本企業から引き抜き自社製品の開発をさせ
安い人件費に物を言わせて低価格で顧客に提供することができてしまう。

世界市場においても、これと同じことが言える。

この体制こそがサムスン電子崩壊の理由を垣間見ることができる。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
韓国サムスン電子 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。