So-net無料ブログ作成

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の行きつく先は? [韓国サムスン電子]

スポンサードリンク




目次

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の行きつく先は?
関連記事

ここ数年のスマートフォン爆発的な世界的ヒットにより世界に通用する企業となり
韓国の経済を回してるといっても過言ではないサムスン電子。


既に存在しているパーツを組み合わせて部品の可能性を最大限に生かすことに
スマートフォンで成功し、世界のスマホ市場で首位を走っているサムスン。

実に営業利益のうち74パーセントをスマートフォンの売り上げで占めるほどに成功を収めることができた。

しかし先進国のスマホ普及率は80%に近づき飽和状態であり、
このままスマートフォン産業の成長が続くとは考えにくい。

新興国で新たなビジネスで成功を収めた世代たちは、ブランド物を持ちたい傾向にあると思われる。

そのため、圧倒的なスマホでのブランドを築き上げてるAppleが有利である。

このことから今はいいが先がどうなるかわからないという点で四顧し陰りが見えてきているのだ。

また、サムスンに採用された外国人技術者の離職が相次いでいることもさらに影響を及ぼすだろう。

韓国に浸透している儒教の考えは厳しい上下関係である。

上下関係は日本にも存在するがそれ以上に厳しい関係が存在しているのだ。

トップの決めたことに完全服従するしかなく、トラブルに臨機応変に対応できない。

判断を任せたとしても、結果的に不利益になれば会社を去らざる終えない。

そのため部下はトップの指示を待つしかない。

雇用の面ではグローバルであるが、国ごとのローカルな考えの部分はなかなか修正できないもので、
その点から技術を持った外国人たちが韓国を離れている状況にあるようだ。

スマホの次の主力製品を開発するには、優秀な人材を確保が必要不可欠。

このまま人材の流出を防げなければサムスン電子は崩壊の道をたどるばかりである。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次 ↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。