So-net無料ブログ作成

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の背景とは? [韓国サムスン電子]

スポンサードリンク




目次

韓国のサムスン電子倒産の危機!!その崩壊の背景とは?
関連記事

韓国の国政を支える一大企業、サムスン電子。

ここ数年のスマートフォン爆発的な世界的ヒットにより世界に通用する企業となり
韓国の経済を回してるといっても過言ではない。


2010年10月にサムスン電子が発売した新シリーズAndroid端末のスマートフォンGALAXY、
この商品の発売によってサムスンは大きく成長した。

発売以降このGALAXYブランドで世界的シェアを伸ばしてきた、
今年の10月には新たなシリーズを発売し大きな評価を受けている。

GALAXYシリーズの成功は低価格で販売できるスマートフォンを開発し新興国に向けて販売した。


最近ではスマートフォンだけではなく、
薄型テレビ分野でも韓国メーカーが勢いを伸ばしてきており
家電産業をお家芸としてきた日本企業も韓国市場から撤退した。


技術力では圧倒的に日本企業の方が発展しているが、 なぜ市場ではサムスン電子が買っているのかを考えてみた。


まず、後発効果という経済用語がある。

後発効果とは先進国が試行錯誤を重ね知恵を縛ってようやく手にした成果の結果だけを見て、
効率的に低価格に生産し追いつくことを目指すことだ。

新しいものが出たらばらばらにして真似するのである。

そして、とある機能をもった部品を調達さえできれば組み立てて完成といったように製品が作れてしまう。

開発コストをかけない分価格を抑えることができる。

そのため韓国で日本の製品は売れず、日本製品のコピーである低価格のものがうれてしまい、
日本企業は韓国市場から撤退せざる終えなくなったのである。

また日本の高い技術をもつ技術者を高値で日本企業から引き抜き自社製品の開発をさせ
安い人件費に物を言わせて低価格で顧客に提供することができてしまう。

世界市場においても、これと同じことが言える。

この体制こそがサムスン電子崩壊の理由を垣間見ることができる。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次 ↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。